パソコンの移行完了!GameCreditsのコアウォレット移行は送金で強引に!1億700万!

パソコン新調

購入から4年経過したドスパラのゲーミングPC。予期せぬシャットダウンを繰り返していたし、AAA級のPCゲームをプレーするのが厳しくなってきていたので、サクっと購入。またドスパラで。同じミドルタワー型で、なるべくスペックの高いものにしてみた。BTOって仮想通貨のティッカーシンボルみたいだな。

特に問題はなく、移行完了。

仮想通貨のウォレット移行

ブラウザのブックマーク移行よりも、もっと重要だったのがコレ。

2000万円近いGameCreditsの移行。。。セルフGOXしたらシャレになんない。同じようなデスクトップウォレットを使っていたVISIOという通貨で試しながら移行することにした。移行手順を調べるのが面倒だったので、強引なやり方にした。

(1)旧PCでリモートデスクトップ接続を許可
(2)新PCから旧PCにリモートデスクトップ接続
(3)新PCでウォレット新規インストール&同期
(4)旧PCから新PCに送金

VISIOもGAMEもこの手順で完了。

うまくいったけど、ちょっとアホっぽい。送金手数料は安かったので、自分が納得した(理解した)手順でやったので、これはこれでよしとする。

その後、ブログに移行手順をコメントしてくれた人がいたので、その手順を転記。

Cドライブをマイコンピュータから開くか、エクスプローラーを開き、オプションで「隠しファイル表示」、「拡張子表示」した後、以下のフォルダ階層まで開きます。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\GameCredits

wallet.dat をバックアップ (※ウォレット本体ファイル)

他PCでウォレットを起動(※一度、起動すると\Roaming\~以降のフォルダが出来る)

ウォレットを終了して、旧PCのWallet.datを上書き

ウォレットを起動して、ブロックチェインの同期が完了すれば、移行完了
(※同期は丸1日以上はかかるかもしれません)

同期済みのブロックチェインデータ移行は、Wallet.datが変わると再同期する場合があるので非現実的です。
どちらにしろファイルサイズの小さいwallet.datとウォレットアプリ本体だけあれば移行は簡単です。
なお、ウォレットにパスワードをかけてる場合には、そのまま引き継がれます。

なるほど、Wallet.datさえあれば何とかなったのか。

機会があれば試してみる。

まだバブル崩壊してなかった

出川効果継続。億り人復帰。

DMM参戦

日本で馴染みの通貨だけかー。

DMMのゲーム購入や課金にGameCreditsが使われないかなと期待していただけに残念。

アフィリエイト

↓SBI即入金。日本でアルトコイン買うなら↓
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

↓SBI即入金。XEMとMONAを買うなら↓

↓大手未上場ETH系トークンが豊富な海外取引所↓

ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ


スポンサーリンク

シェアする


フォローする

スポンサーリンク