switchbotで部屋の電気ON/OFF制御!AIスピーカーとも連携してみた!

会社を休んでIot

部屋の電気を、布団の中でON/OFFしたい。

ググったらおもしろそうな製品があったので買ってみた。

設定方法

以下のサイトほぼそのまま。

Switch Bot(スイッチボット)で家のスイッチをスマート化!使い方や取付のコツを解説。

※スイッチ周辺がビックリするくらい汚かった。。。

電源をONにした状態

電源をOFFにした状態

これをスマホアプリから操作する。

(1)Bluetooth接続…Switchbot単体で実行可能
(2)wifi接続…別売のSwithclinkが必要

普段BluetoothはOFFにしているので、なんとなく(2)かなと。

別に家の外から操作する要件は無いので、無駄な出費だったけど。。。

AIスピーカー経由での音声操作も可能

ここまでやると、Iotっぽい。

予め対応しているスマート家電を操作するのが通常運用。IFTTTという、様々なWebサービスを連携する機能を組み合わせることで、操作することが可能。

AIスピーカー → IFTTT → Switchbot

という流れ。

こちらの設定もさきほどと同じブログで。

Swtich Link(スイッチリンク)でGoogle Home・Amazon Echoからスイッチボットを操作しよう

感想

Googlehomeと連携する意味はない。

「オッケー!グーグル!部屋の電気を消して!」と話しかけるより、スマホで操作するほうが早い。あと、もともとGooglehomeはスマート家電の電灯と連携しているからか、「部屋の電気消して」とシンプルに依頼すると(IFTTTで設定すると)、「まだ登録されていませんよ?」的なメッセージで断られる。スマート家電のほうで予約されているっぽい。

wifiで連携する方式にしたけど、同じ部屋の中だから、ちょっともったいない。外出先から部屋の電気をつけたり消したりできる意味も無い。。。

switchbotも構造的に、長持ちしそうにない。粘着テープに依存しすぎ。

個人的には、AIスピーカー&IoTデビューができたので良かったと思う。現時点は、ニュースを読み上げたり、GooglePlayMusicの再生くらいしか使い道が無いけど、もっと進化したらおもしろそう。スマート家電が増えれば増えるのほど、メリットがありそう。

アフィリエイト

↓SBI即入金。日本でアルトコイン買うなら↓
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

↓SBI即入金。XEMとMONAを買うなら↓

ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ


スポンサーリンク

シェアする


フォローする

スポンサーリンク