図解 頭のいい説明「すぐできる」コツ: 今日、結果が出る! 鶴野充茂/著 [書評]

書評

何言ってるかわからない、と言われたくない

仕事をしていて、「うわ、説明下手すぎ」と思うことが多い。仕事の出来る人(頭の良い人)だと、「こんな説明はしないよなー」と恥ずかしくなる。同じことが送信するメールにも言えると思う。なぜか自分の送るメールは長くなる。仕事の出来る人(頭の良い人)はメールが短い。そのへんのヒントが得られないかと思って、読んでみた。

役に立ちそうなポイント

  • 大きな情報→小さな情報の順番で話す
  • 背景情報はカットする
  • 相手が聞きたいと思う順番で話す
  • 良い・悪いを分けて話す
  • 語尾をハッキリさせる
  • 逆接の使用は最低限にとどめる

このあたりを意識して話せば(メールすれば)良くなるかもしれない。すぐに効果がでるものではないと思うけど、とりあえずやってみる。

本の評価

目次をパラパラっとめくったり、立ち読みで暗記できるような気もした。本を読めるスタバで、気になったところだけノートに書き写すとか。それでも良いかもしれない。まぁ、オカネを出して買った以上、役に立てようと意識する可能性もある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください