タイのサイアム商業銀行がRippleNETのマルチホップ機能を使用!

swell前に

ざわざわしてきた。

マルチホップ機能がどういったのものかよくわからず。

さっそく翻訳してくれてる人がいた。圧倒的感謝。

マルチホップを使えば、金融機関は直接SCBに繋がることができ、複数の為替や高額な手数料なしに、SCBは地域を超えて決済を行うことができます。その結果として、ASEAN地域に対しての送金、もしくはASEAN地域からの送金がシームレスなものになるのです。これまではASEANに向けて送金することができなかった比較的小規模な金融機関も、マルチホップによりASEANへのアクセスが民主化され、金融機関の流動性確保の度合いや送金額に関わらず、簡単に送金ができるようになります。

よくわからないけど好材料には間違いない(そればっかり)

COVAL

とうとうEMBLEM始動!

未だにCOVALをどう使うのか、使う意味があるのか?よくわかってない。再び仮想通貨市場が盛り上がっていけば、自然とCOVALも上がるはず。製品はちゃんと作っているし。

仮想通貨資産

やや下げる。

比較的XRPは強い。

ゼノブレイド2 DLC

今日こそクリアする予定。

ブログランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ


スポンサーリンク

シェアする


フォローする

スポンサーリンク